フェイスリフトのすばらしさは、やはり若返り効果が高い点にあります。頬が下がっていると、どうしても疲れた印象になりますが、キュッと上がっているととても良いイメージとなります。もちろん整形でのフェイスリフトもいいですが、やはり基本口角をあげて、微笑みを絶やさないようにして人に接すると良い場合が多いです。一気に引き上げたい時には整形もいいですが、エステでもかなりの効果がありますし、サーマクール等でも良い効果があります。何を選択していくかは人それぞれでいいですが、手っ取り早いのは整形手術かもしれません。現代の手術では安全性が高いものがほとんどですし、ドクターの腕も上がってきていますので、施術したことが人にわかるということも少ない気がします。フェイスリフトで気分もリフレッシュさせるのも素敵な選択です。

フェイスリフトの基礎知識

フェイスリフトとは、頬や首の周り、そして目尻が下がった部分などの、顔に現れるたるみを全体的に改善する治療のことです。そして若返り手術の中でも一番に実績が長く、効果的な手法の一つとして知られています。イメージ的には、5歳~10歳程度の若さを回復させ、以前の状態に近づけるような手術になります。手術については、髪の毛で見えなくなる部分で縫合を行うため、傷跡についてもほとんど分からなくなるというメリットがあります。そして皮膚の表面だけではなく、たるみの深い部分から十分に引き上げて行われるため、ほうれい線が分かりにくくなるほか、首周りのたるみについてもキレイに解消することができます。さらに頬のたるみが解消されることで、輪郭をスッキリとした印象にすることも可能です。また、お肌に張りが出ることで毛穴も目立ちにくくなり、お化粧のノリも良くなります。

若かった頃に近づけるフェイスリフト

頬や首周り、目尻の下がりなど顔のたるみを全体的に取り除く施術がフェイスリフトで若返る手術のなかでは一番長く効果的な方法です。5~10歳分の若さを取り戻しながら、若かった頃に近づける事ができる手術です。行う手術は髪の毛で隠れる部分で縫合するので傷跡も目立ちません。皮膚表面だけでなく、たるみの深部からしかりと引き上げるので、ほうれい線が目立たなくなり、首周りのたるみもキレイに解消してくれ、頬のたるみがなくなるので、下ぶくれな輪郭がすっきりとなります。肌にハリがでるので、毛穴も目立たなくなり化粧のノリもよくなります。フェイスリフトの手術を行う時には、皮膚の厚さ、たるみ具合、縫合方法、縫う位置・数を考慮して自然な仕上がりとなります。多くの人の顔が左右対称ではないので、フェイスリフトを行う時には一緒に脂肪吸引を行って左右のたるみの具合を調整します。