美容整形手術のひとつに、フェイスリフトがありますが、さまざまな施術方法があり、どれを選ぶかはクライアントしだいとなっています。メスを入れてたるみを引っ張りあげる施術は、その部位によって効果が異なります。また、特殊な糸を使用して、引っ張りあげる方法や、ヒアルロン酸などの潤い成分を注入する方法もあります。美容整形を依頼する病院によって、さまざまなアプローチがあり、自分が理想とする施術を行ってくれる主治医を、探す必要があります。フェイスリフトを行うことで、全体の印象が若々しくなります。また、パーツの形を変えるわけではありませんから、自然な仕上がりが期待出来ます。体質や安全性を考慮して、自分に最適なカウンセリングを受けることで、安心して、施術を受けることが叶います。確実に、印象が良くなりますから、悩んでいる場合には良い選択になります。

フェイスリフトの効果

肌のしわやたるみが気になる女性は多いですね。若い頃は、ハリがあり弾力のある肌が、年齢が高くなるにつれてハリが失われ、頬がたるんでいきます。一度たるんでしまうと、自宅で毎日マッサージをしても、治すことは出来ません。しかし、たるみがひどくなると、年齢よりも老けて見られてしまい、人前に出ることが嫌になる人もいます。たるみやしわで悩んでいる人は、フェイスリフトで悩みが改善します。フェイスリフトは、美容外科で行うことが出来ます。皮膚を引き上げ、たるんだ皮膚を取り除くため、たるみがなくなり肌にハリが戻ります。たるみがなくなると、若々しくなるだけでなく、化粧ノリも良くなるので、美しくなることが出来ます。しかし、フェイスリフトは、ヒアルロン酸注入などよりも、費用が高額になることが多いため、カウンセリングの時に費用について確認をしましょう。

切らないフェイスリフト

これまでフェイスリフトと言えば、メスを入れて行う方法が一般的でしたが、体への負担が重いというデメリットがありました。メスを入れた施術には抵抗があるという人は、切らないフェイスリフトをおすすめします。これは、リフトアップしたい頬や眉毛の上、下あご部分に体に吸収されない特殊な糸を通して引っ張り、高いリフト効果を得るという施術です。施術時間は約20分から30分ほどと短く、抜糸や施術後の通院は必要ありません。入院する必要はなく、メイクやシャワー、洗顔は施術当日から可能です。使用する糸に伸縮性のある特殊なものを使えば、長期間リフト効果をキープし続けることができます。ハレや内出血は1週間ほどでひきますが、個人差があります。加齢によるほうれい線やシワが気になる人は、ぜひこの施術を受けてみることをおすすめします。